面接の種類

面接/種類企業の採用活動で面接が行われますが、その面接においてもいくつかのやり方があります。それは、企業として求職者をしっかり見極めたいという思いが強く、その為にはどの形式の面接方法がいいのかを考えているからです。ここでは、一般的に知られる3種類の面接の形式を紹介します。

個人面接

求職者一人に対して、企業側の担当者が応対する形式です。転職する場合の面接はほとんどが個人面接でしょう。極稀に集団面接をしてから、別室にて個人面接という流れもありました。

コミュニケーションをとりながら、求職者の能力や考え方をはかる試験です。面接試験では、積極的に受け答えし、明るく爽やかに面接官と接するのがいいでしょう。

集団面接

求職者数人と企業側の担当者数人が行う面接試験です。質問内容は問題提起が多く、その問題に一人ずつ答えていきます。個人面接と違って、面接官は求職者同士の比較ができ、評価しやすい。自己アピール・積極性・協調性などが見られる。注意しておきたいのは質問された時、質問をした面接官に向かってだけ話すのではなく、面接官全員に向かって話すように心がけた方がいいです。

集団討議面接

一つのテーマを作り、求職者数人で討論させる面接試験です。人数は5人前後で行われます。自分の考えや意見をうまく表現出来るか?など面接官に見られます。自分の意見を述べる事も大事ではありますが、他人の意見を聞くことも忘れてはいけません。面接官は、そういう所もチェックしています。自分の意見をしっかり言い、他人の意見をしっかり聞く。この事を忘れずに。


面接について