企業が望む人材

企業もただ面接をやって人を採用するという機械的な人材登用はしないでしょう。企業としても望む人材像というものがあります。社会人として必要とされる責任感や協調性。会社は人を動かして成り立つもので、人の上に立ち指示することができるリーダーシップ的な存在の人も必要でしょう。そこで、ここでは企業が望む人材像を紹介したいと思います。

責任感が強い

責任感がある人は、人から信頼されます。そう人を安心させられるのです。そして安心した人は違うことに集中して打ち込めるのです。会社は組織で動いています。1人の責任感のない人間がいるとみんなに迷惑をかけます。組織全体が安心して仕事ができなくなるからです。人と人との関係は信頼関係で成り立ちます。信頼関係を作るには責任感というものが必要となります。だから企業は責任感というものを重要視するのです。

協調性がある

会社は組織で成り立っています。一つのプロジェクトをグループでやるにしても、そのグループの和を乱す人がいれば、そのプロジェクトはうまくいかない事でしょう。会社は、協調性を大事にしています。しかし、たまたまというものがあります。たまたま、その組織になじめなかった。その時、どう対処をするか、立ち回るか日頃から考える必要があるかもしれません。

積極性・創造性

与えられた仕事だけをこなすのではなく、自分から新しい仕事を見つけ、積極的に取り組む姿勢を持つ人材を企業が求めています。

リーダーシップ

指示をされる人間だけがいても組織は成り立ちません。やはり、人へ指示ができ、集団を引っぱる事ができる人材を企業は求めています。しかし一人歩きするリーダーシップはいけません。それは自分勝手な自己中心的な人物と見られるからです。先頭にたって周りを引っ張ろうとするが、その後に人がついてこない。魅力と人望を身につけることが大事です。

向上心

ただ会社に来て働き一日が終わる、何も目標をもたずに一日を過ごす人。というより、明確な目標を持ち、一日を全力で生きる人、企業は、向上心を持ち、努力をする人を望んでいます。この時代、一寸先は闇です。明日会社がどうなるか分かりません。私の場合、2週間後というのがありました。一日、一日無駄に過ごさず、何か一つでも身につける気持ちでいることが大事でしょう。自己防衛、自己保身の為です。

語学力

求人票に企業が求めるスキルとして語学力が書いてあります。ほとんどが英語ですが、最近は中国語を求める企業が増えてきています。英語でいうとTOEIC650以上とか英検等の資格があればなお良いというように書かれています。

ここでいう「なおよい」という書き方は、それがなければ応募の段階で断られる可能性が高いということです。


面接について