面接の流れ

面接試験の一連の流れをここで紹介します。あくまでも参考程度に見てください。

@入室

ドアを2回ノックし、背筋を伸ばして入室します。ドアを閉める時は、お尻を面接官の方へ見せないように、静かに閉めます。

A入室後の礼

ドアから少し離れた所に立ち(礼をした時にお尻がドアに当たらない程度)、面接官に向かって「失礼いたします」と礼をします。

B椅子の横での礼

椅子の横に立ち面接官に向かって、自己紹介(名前等)と「よろしくお願いします(45度の礼)」をします。

C席に座る

面接官に「どうぞ」と言われたら着席します。着席する時は静かに座るように。

D面接

面接の間は背筋を伸ばし、面接官とのコミュニケーションを心がけましょう。一方的に話すぎたり、反対に言葉少な過ぎたりしないようにしましょう。面接官が複数人いる場合、質問などの返答をする際は全員に話しかけるように返答する方が望ましいです。

E面接が終わり席を立ってからの礼

面接が終ったら、席の横に立ち、「ありがとうございました(45度の礼)」の礼をします。

F退出前の礼

ドアの前に立ち(礼をした時にお尻がドアに当たらない程度)、「失礼いたします」と礼をします。雑な礼にならないように注意しましょう。

G退出

最後まで気をぬかずに注意します。背筋を伸ばし、お尻を面接官の方へ向けないようにして、静かにドアを閉めます。

退出時の様子をよく見ている

これは私が感じたことですが、面接官は面接が終わり席を立ち会社を出るまでの様子をよく見ているような気がします。面接時のマナーではなく、その人間性を見ているのです。正直、非常に嫌悪感を覚えます。

  • おどおどしていないか?
  • 小者に見えないか?
  • 頼りなさそうに見えないか?

などを見ています。言い方はよくないですが、面接を受けさせてもらう立場なので腰が低くなるのは当然です。よって上に上げた3点を場合によっては、面接官がそのように見えてしまうということもありうるのです。

だから私がやったことは、面接が終わり席を立ったら、細かい事は考えず、姿勢を正しく堂々とドアまで行き、挨拶をして部屋を出るというようにしました。面接は落ちる時は落ちます。下手にでてペコペコするより堂々とした方がスッキリします。強気で行きましょう!


面接について