大きい会社での面接

面接のやり方は会社によって様々です。会議室を使用して本に書いてあるような本格的な面接をするやり方、また応接室のようなところでリラックスして緊張もすることなく面接をするやり方など、会社によってやり方は様々です。

大きい会社もあれば小さい会社もあります。その会社によって求める人材は違ってきます。最低限、社会人としてのマナー・話し方・電話の対応ができればいい、エクセル・ワードもできれば、データー管理ソフト・イラストレーターができればなどなど会社によって違ってきます。

大きい会社の場合

面接の仕方は、会議室など面接会場を設けて、入室のところからはじまることが多いです。面接官は3人前後いて対面形式。自己紹介、職歴などはスピーチみたいな感じで言います。本などによく書いてある、1分程度で話せるような内容といった感じでしょうか。

納得させるだけの内容が必要

志望動機は注目される場所。どうして我が社を選んだのか?数ある求人票の中から何故、我が社を選んだのか?など質問されてきます。面接官は熱意を知りたいのでしょう。

この質問も、しっかりとした、そして関連付けされた答え方をしないと好印象はもたれないでしょう。ホームページを見たり、その業種のことを調べたりして、2〜3分程度スピーチできる内容の話を用意しとく必要があります。

そして、そのスピーチに、自分の職歴やもっているスキルなどから、その会社にどのような貢献ができるかということを入れなくてはなりません。志望動機を通じて、面接官に、熱意とやる気、そして満足感みたいなものを与えなければいい結果につながることはないでしょう。

正直な話

このご時世、「会社や業種を選んでいる時ではない」「採用されるだけありがたい」などと言われています。それだけ雇用情勢は厳しいです。自分にあいそうな会社、条件を見つけ、その会社が自分の働きたい業種と一致するということは難しいでしょう。そんな中で志望動機を考えるということはなかなか難しいかもしれません。


面接について