面接官の印象をよくする為には

面接官も人間ですのでやはりあなたが与える印象が大切になります。第一印象で就職内定が決まるというような、ある意味アンフェアな部分もあることを念頭に入れておきましょう。

リクルートスーツで周りと同化した服装の方でも、はきはきと受け答えをしたりちょっとだけ個性的なネクタイやスカーフを身につけるだけでも印象に残ることがあります。但し奇抜すぎる色や柄はお勧めできません。

気持ち

前向きな気持ちを常に持ち合わせることが大切です。ポジティヴな感情は、あなたの表情までも明るく見せてくれます。自信がない、緊張しているなどという感情は、即顔の表情にでてしまいます。

面接官は毎年多くの就職活動をしている人を見ていますのでそういった負の感情は見逃しませんし、その表情を受けてあなたにとって痛い質問を投げかけてくることもあります。自信がある表情をしていれば、面接官にも安心感が伝わりますし「物おじしない」「明るい」などといった好印象の評価がつくことが多いでしょう。

服装

服装に関しても、顔とジャケットの襟の大きさのバランスや、身長とスカート丈のバランスによっても印象が変わります。リクルートスーツの定番である黒・濃紺を上手に着こなしてあなたの顔色を際立たせたり、凛とした表情を演出できるとなおよいでしょう。またダークグレーも落ち着いているというような安心感がある色味として知られています。

スーツのデザインや色味もあなたを引き立ててくれる武器として吟味するようにしましょう。面接時の柔軟な受け答えも面接官に好印象を与える重要なエッセンスです。


面接について